FC2ブログ

musubi333

musubi333

-
日本にはおみやげという習慣があります。

どこか旅行に行くと必ず会社や友人、家族にお土産を買って帰りますね。

ウイキペディアには、語源が宮笥(みやげ・みやこけ)と呼ばれた神社などの
配り物、室町時代以降、「土産」を「みやげ」と熟字訓で読むようになった。

ただし、「どさん(とさん)」と読んだ場合も「みやげ」の意味で使われることはあるなど、諸説あるそうです。

私もドイツに行く時はお土産を持って帰ります。

ドイツ人の夫の弟夫婦には、最初これが理解できず、びっくりされました。

彼らには、どこか休暇に出て、お土産を買って来る習慣がありません。そういう人も多くいます。

これは最初、ドライだなと思いました。

しかし、楽しんでいる休暇にお土産の事を考えなくていい習慣とは便利なものだとも思いました。

お世話になっている人や友人を思い浮かべながらちょっとしたものを買う、という
のは逆にとても素敵な習慣だとも思うのです。

ドイツ人の多くはそうだといえ、日本が大好きなドイツの友人は、日本に来る度、私たちにお土産を買ってきてくれます。

帰る時は両親や家族、友人、仕事仲間にも買って帰ります。まるで日本人のようです。

彼女は、来る時、スーツケースを二つ必ず持ってくるようになりました。
帰りはほぼ、どちらも20キロ以上になります。

最近彼女の日本でのお土産は、アイドルグッズや、雑誌、日本の漫画や日本のドラマ、映画のCD,DVDに加え、ハンドクリームや、フェイスマスク、緑茶。

抹茶味のお菓子などです。飲んだ後のペットボトルさえ持ち帰ります。

ドイツから私たちがお土産として持って帰るのは、チョコレートやバウムクーヘン。

最近ドイツ菓子は日本でもたくさん売ってるので、これがまた難しいです。夏にはチョコは持って帰れませんし、クッキーは壊れます。

ドイツのオーガニックのハーブティーなどは結構種類があるので買って来ます。

相手が喜びそうで、かつ負担にならないようなお土産。

そこには適当ではない、思いやりがあり、おみやげを買う人の哲学が込められています。

お土産も人と人をつなぐもの。繋がるというのは、自分と友人や、仲間、家族、そして何かの思い出と繋がったり。

ほんの少しの気持ちは、かけがいのないものに繋がる事もあります。

感謝の気持ちがつなぐもの、それは
お互い幸せであって欲しいという、祈りのような気持ちかもしれませんね。

#お土産 #ドイツ #つなぐもの
#リコネクティブヒーリング
#Reconnectivehealing



リコネクティブヒーリング/リコネクション ディラ
グーナ


Posted by