musubi333

musubi333

-
日本には神社やお寺が全国に遍在していて、私たちの暮らしに寄り添っています。

広範囲に参拝客を集める有名な寺院から、その土地、地域に根付いた親しみのあるものまで様々です。

静寂さを味わいたい時、喧騒から解放されたい時、ふと足がおもむくのはそれぞれの心の中で縁を感じる寺院ではなないでしょうか。

石上布都魂神社に今年初めてのお参りに行ってきました。
ここの神社を知ったのはもう10年以上も前のことですが…。

初めて訪れた時に、荘厳さに満ち溢れた姿だという印象を受けたことをはっきり覚えています。
それ故いつでも気安く親しみやすいという感覚とは反対の感覚も同時にありました。
畏れ多く近寄りがたい雰囲気さえ感じていたのです。

だけど、自分自身が少しずつ変わって進化の過程を辿っていくにつれ、
気付けば、心の制限を外して子どもが土足で本能の赴くままに走り廻るように、
襟を正すことも忘れて親しみを感じながら何度も訪れるようになりました。
それは、この地とダンスをするような感覚です。

寺院は、何もはじめから「子どものように参拝してはいけません」とは言っていません。
ただそこにどっしり構え在るだけで、私たち人間が勝手に「襟を正していかなければならない」と制限のある視点で見ているだけではないのでしょうか。

多くの寺院では、子どもたちが参拝する姿も見られます。
ただ山登りを楽しんだり、そこで得られる感覚を身体一杯に存分に味わったりしながらその地との交流を純粋に愉しんでいます。

その子ども達と同じ視点で、私たちも純粋にその地との交流を愉しんでいいのです。

寺院は今までもこれからも、ただそこにどっしり構えて在るだけです。
それをあるがままに感じて純粋に愉しんでいていいのです。

何度も足を運ぶこの神社と私自身の関係性の変化に気づき、その気持ちをシェアしてみました。

見えてるもの全てとの関係性の起因は、自分の内側にあります。
自分の在り方が制限をもった捉え方を変え、全てとの関係性を変えていきます。

その変化は、一瞬でいて永続的に… 🎶


リコネクティブヒーリング/リコネクション Lumi Cantabile
Posted by