musubi333

musubi333

-
今日はクリスマスイブ。

日本では明治の頃、クリスマスが受け入れられたと読んだことがあります。

キリストの誕生祭、イブはクリスマスの始まりです。

一般的にトナカイに乗ったサンタさんですが、ドイツでは、12月6日に聖ニコラウスがプレゼントを届けます。もちろんクリスマスにもサンタさんらしき人 ヴァイナハツマンが来ます。

ニコラウスの日、今は靴下ですが、昔は靴をきれいに磨き、その靴の中にプレゼントをいれてもらうので、靴がきれいになっていないとプレゼントを入れてもらえませんでした。

聖ニコラウスは実在の人物です。
彼は子供に優しい人でしたが、時代と共に子供の教育のために名前が使われる様になりました。

彼はクネヒト・ルプレヒトという付き添いを連れて街をまわります。

子供が1年いい子でなかったらクネヒトはお尻をたたき、子供は叱られます。

これはお祭りとなり、場所によっては続けられているそうです。

日本のなまはげの習慣に通じるものがありますね。世界共通なのでしょうか。

世界の中には、クリスマスを祝わない国もあります。

クリスマスツリーも当たり前ではありません。

日本はクリスマスがあって私はよかったなと思います。

今日はいろいろな人に思いを馳せる日にしたいです。

家族や、日頃お世話になっている方や、大事な仲間達。

海の向こうの友人。

もう付き合う事がなくなった人達も。

天国に逝ってしまった人も。

まだ会った事がない人も。

いろんな人達を想います。

そして、愛と光である事を、幸せに思い、感謝する日になりますように。

#クリスマスイブ#ニコラウス#プレゼント
#ドイツ#幸せ#世界平和



リコネクティブヒーリング/リコネクション ディラグーナ


























Posted by